産業廃棄物とは、事業活動に伴い生じた廃棄物の中で、燃え殻・汚泥・廃プラスチック・繊維や紙や木屑・金属やガラスやゴム屑・がれき類・動物系固形不要物・動物性残さなどの不用品の総称です。

これらの廃棄物の中には再生可能なものも含まれており、再生することでリサイクル材料になるメリットを持ちます。尚、無許可営業は社会的なコンプライアンスに対する意識の高まりなどからも厳しい刑罰が与えられるなど、産廃業の許可申請を行い、資格を取得することが企業の使命と言っても過言でありません。

産廃業の許可申請を行うためには幾つかの要件を満たしていることが重要となります。産廃業の許可申請手続きができる条件とはどのようなものになるのか、これを最初に知識として得ておくことが重要です。

例えば、産業廃棄物における知識やルールを学ぶ目的で国が定めている講習会への受講が必須です。講習会に参加することで知識および技術を学び能力を養うことができます。講習会を終えると修了証を受け取ることになるのですが、この修了証は産廃業の許可申請を行う際の証明書に代わるものです。他にも経理的基礎を持つ、適法であると同時に適切な事業計画を持つこと、失格要件に該当していないこと、そして産業廃棄物収集運搬業の場合は、収集運搬のための車両や設備を有しているなどがあります。収集運搬業はトラックなどの車両を用いて産業廃棄物を回収する事業で、産廃業の許可申請を行う段階で保有することが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *