産業廃棄物収集運搬業の免許は、他の産廃業と比較すると取得しやすいと言われています。

収集運搬業とは、産業廃棄物を排出する事業者から依頼を受け、代金を受け取った上で所定の処理施設、例えば中間処理施設や最終処分場に専用トラックで輸送する事業を意味します。この事業を始める時には、収集場所および積み下ろし場所、それぞれを管轄している自治体に対し、許可申請願いを行って、免許を受け取ることで可能にするのが特徴です。

許可申請はあくまでも免許を貰うための準備段階ですから、許可申請を行えば直ぐに産廃業の事業を始めることができるわけではありません。産廃業の許可を貰うことができるか否かは、要件を満たしていることが条件になりますので、予めどのような要件が必要になるのかを調べておきましょう。

要件には大きく分けて2つがあり、一つは施設および申請者の能力に係る基準を満たしていること、もう一つは欠格要件に該当しない、この2点です。収集運搬業の施設においての基準は、飛散・流出および悪臭を放つ恐れのない設備を有することが大切です。

積み替え施設を持つ場合は、飛散・流出および地下に浸透しない、悪臭が発散しないなど、必要とされる措置を講じている施設があることなどが挙げられます。そのため、専用のトラックを所有していることや保管や積み替えも事業に含まれる場合には注意しなければなりません。尚、申請者の能力とは産業廃棄物についての知識を持つことや事業を的確に、かつ継続して行うことができる、環境省令で定めが行われている基準を満たすなどがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *