産業廃棄物を取り扱う従事者は大きく分けると回収および収集を行う産業廃棄物収集運搬業、産業廃棄物を受け入れて自らが所有する処理施設で処分を行う産業廃棄物処分業の二つがあります。

どちらも産廃業の免許でもある許可証を持つことが利用者に安心を与えます。産廃業の免許は、産業廃棄物の回収利用者に許可証の提示を求められた時には、提示することも大切です。

最近は悪質な回収業者多数存在しているなどからも、利用する前に免許の有無を確認してから依頼したいと考える人も少なくありません。特に産業廃棄物収集運搬業などの場合は、回収に使うトラックへの提示および運転席などへの産廃業許可証の保管が義務付けられていますので、その場で提示できるようにしておく必要があるわけです。

悪質な回収業者の中には、最初は無料で回収を行うと言っておきながら、廃棄物をトラックに積み込んだ後に費用請求を行う悪質業者も存在しています。また、不法投棄を行う悪質業者も存在しており、利用する際には資格を持つか否かを確認してから産業廃棄物の回収を依頼する人も多くなっているようです。そのため、産廃業に従事する場合、提示を求められた時にもすぐに対応ができるように心掛けるなどが大切ではないでしょうか。尚、収集運搬業の場合は車両の外側部分に産業廃棄物の収集運搬を行っていることを表示する義務付けがありますし、許可証についても車両の中で保管する義務付けが設けられているのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *