産廃業は産業廃棄物を取り扱う事業者の総称ですが、回収や運搬、処分などに分けることができます。

回収と運搬は一つの括りになり、産業廃棄物収集運搬業や特別管理産業廃棄物収集運搬業に分かれています。一方、処理については産業廃棄物処分業と特別管理産業廃棄物処分業に分類されています。

どのような事業を行うか、取り扱う廃棄物がどのようなものかで許可も変わりますので、これから産廃業を計画している場合は注意が大切です。産廃業の許可は各都道府県の知事に対して行うものですが、直接知事と面会するわけでなく役所で申請書類を提出する形になります。但し、収集運搬については回収場所と下ろす場所(中間処理施設や最終処理施設)、それぞれの地域で知事許可が必要です。仮に、神奈川県内だけで収集運搬の産廃業を行うのであれば、神奈川県が申請先になります。

しかし、回収場所神奈川県で埼玉県にある最終処理施設に廃棄物を輸送する際には神奈川県と埼玉県の両県に申請しなければなりません。ちなみに、神奈川から埼玉に向かう時に東京を通過することになりますが、産廃業の許可は回収場所と下ろす場所では必要になるものの、通過するだけの場合申請は不要です。将来、東京の中でも回収するなどの予定がある場合は、申請して免許を貰っておけば安心です。許可と事業の目的の中には特別管理が規定されている、収集運搬業と処分業があります。これは病院が排出を行う医療系ゴミ、使用禁止になっている建築素材のアスベスト、その他の有害な物質などです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *