産業廃棄物の収集や運搬を事業として行うためには、各自治体に産廃許可申請を行って許可を取る必要があります。

この申請は一応は自力で行う事が可能であるため、申請するための費用を浮かすために挑戦しようと考える人が珍しくないです。所がこの申請は素人が行うには随分と複雑でややこしい内容なので、注意する必要があります。産廃許可申請を実行するには、かなり数多くの申請書類の作成を行わなければなりません。しかもこういった書類の多くには決められた作成様式があり、それに則って正しいやり方で作成する必要があります。

専門知識を持たない素人が正しい形で作成するのはかなり難易度が高く、実行するにはかなり膨大な時間が必要となる可能性が高いです。更に産廃の許可申請は事業を行う自治体毎に、きちんと許可を申請する必要があります。所が自治体により書類作成のルールに違いがあったりするので、かなりややこしいです。この様に素人が申請のルールをきちんと把握して書類作成するのは厄介であり、かなり困難だったりします。

仮に許可が取れても、申請時に不手際があると事業をきちんと行えない恐れもあるので厄介です。だからこそ産廃許可申請は、費用をケチらずに専門知識を持つプロに依頼して行う事をおすすめします。行政書士であればこの手の手続きに関する専門知識や法的知識を持ち合わせているので、スムーズに手続きを行う事が可能です。時間や手間を省けるだけでなく、正しいやり方で望む通りの産廃許可申請を行う事が出来ます。以上の事から、申請を行う際は自力ではなく司法書士に依頼すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *