新しい会社をつくるためには会社をつくるための商業登記が必要となるのですが、そのほかにも申請が必要となる場合があります。

たとえば、産業廃棄物を処理する会社をつくるときです。そのようなときは、産廃の許可申請をしなければなりません。許可申請をしないまま産廃の開業をすることはできないので注意してください。この手続きは思っている以上に煩雑なので、経営者が自分で行うことは難しいといえます。もちろん、すでに許可申請に関する知識や経験があるならそれらを活かして自分で行ってもいいでしょう。

しかし、多くの人は産廃の許可申請を理解してはいません。そのような状態で申請業務を行おうとすると、時間が莫大にかかってしまいます。しかも申請の段階でミスをする可能性もあり、円滑に手続きができない可能性が高くなります。そこで今回は、産廃の会社を立ち上げる人は申請を代行会社に頼んでしまうことをおすすめしています。代行会社として知られているのが、法律の専門スタッフである行政書士です。

行政書士は国家資格として知られていて、法律に関する知識をもっている人です。産廃に関する手続きを専門としている行政書士もいるくらい、産業廃棄物の仕事と行政書士は関連性が高いといえます。行政書士に申請を依頼することのデメリットは、費用がかかることくらいです。しかし、あなたが申請をしなくていいので手間がなくなることを考えると、費用がかかるデメリットは小さいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *