産廃を取り扱う処理業者は、都道府県の許可を必要とします。

これは廃棄物を正しく処理するために、廃棄物処理法という法律で決められている事です。産廃を処理する業者は、産業廃棄物収集運搬業と産業廃棄物処分業の許可申請を行います。これらふたつをあわせて、産業廃棄物処理業といい、申請の際には所定の書類の提出などが必要です。産業廃棄物処理業の中でも、許可申請が難しいと言われているのが産業廃棄物収集運搬業です。

これは、産廃を積み込んだ都道府県と荷下ろしをした都道府県、どちらの許可も必要となるため難しいと言われています。通過するだけの都道府県の場合は、申請する必要はありません。このため県などをまたいで活動する場合は、許可申請に時間がかかります。加えてこれらの運搬車両に対しても厳しい基準が設けられており、運搬するのに最適な容器・車両であるかを都道府県が調査します。これらの許可申請をスムーズに行ってくれるのが、産廃許可申請代行サービスです。

代行は主に行政書士の事務所が行っています。もし利用するのであれば、行政書士のサービスの一環として行っている代行業よりも、産業廃棄物関連の手続きを中心に行っている代行業者に依頼する事をお勧めします。これは手続きを何度も経験している業者のほうがスムーズに申請が通るコツを踏まえている事と、手続きが早ければそのぶん実業務に専念できるというメリットが存在するためです。料金などは業者によって異なりますので、あらかじめ相談すべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *