産廃とは、産業廃棄物の略称です。

産業廃棄物は、事業者の活動によって生じた廃棄物の中の21種類を指します。通常、廃棄物は一般廃棄物と産業廃棄物に分類され、それぞれふさわしい方法で処分されます。産業廃棄物の内容は主に、燃えがらや廃油、汚泥やガラスくずなどと法律で決められているのです。そしてこの産廃を取り扱うためにも、各都道府県からの許可が必要となります。事業者が自ら産廃を処理できる場合と、そうでない場合があるのは仕方ない事です。

自分で処理が出来ない事業者は、許可を得た処理業者に委託して処理をする必要があります。許可申請を取得する際に必要となる情報は、たくさんあります。まず「収集運搬に必要な施設があること」です。適した車両で廃棄物を回収または廃棄しているかどうかをチェックします。そのため車両の情報やゴミを積むためのドラム缶の個数などの情報も必要です。「経理的基礎を有すること」も条件のひとつです。廃棄物を的確・継続的に処理できる財政能力があるかが求められます。

こういった煩雑な許可申請を行うために、代行業者が存在するのです。代行は主に、行政書士の事務所が行います。産廃許可申請の代行を主たるサービスとして提供している事務所も存在しており、処理業者にとっては大変心強い存在です。加えて、代行を利用したほうが時間と労力が少なくすみ、コストが小さくなると処理業者の間では言われています。実業務に影響を及ばす事がないので、余計な部分に人員や時間を投入しなくて良いからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *