産廃に関する仕事を行う場合には、開業しようとする地域を所管する行政機関に対してその許可申請を行い、認められる必要があります。

その代行を手掛ける士業に依頼することで、提出を確実に行いかつ申請者の時間を確保することに役立つものです。無論、自らがすべてを行っても構わないのですが、揃えるべき書類は多くしかも間違いは許されません。確実な申請のためにはその道のプロフェッショナルに依頼をするのが早道です。申請には様々な書類を揃えていきますが、産廃に関する許可申請の代行先にすべてを任せるのも得策ではない場合があります。

申請者自身が把握しておいた方が良い部分は目をしっかりと通し、その理解をした上での申請を行うことが肝要です。産廃の許可申請を審査及び認可するところでは、代行者へは最初の申請時だけ話をします。その後については開業者とのやりとりになるわけで、開業したところすなわち申請者自身が把握していなければ、後日問題になりかねません。

申請者の代わりに書類の作成や提出を行うだけであることに留意が必要です。提出する書類は多岐にわたりますから、すべてを把握するのは難しい場合はあります。要点をしっかりと押さえその上で確実な提出となるように、その段取りを行うことが求められます。申請者自身で出来る部分は行うようにし、それ以外を任せるといった役割分担も考慮すべき事柄になってきますので、最初の依頼時に良く話しをする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *