産廃の許可申請を行う際には代行を依頼するのが非常に便利な方法ですが、この際に注意することのは代行では書類の作成が中心となり様々な手順や必要な項目に関しては自分で準備する必要があると言う点です。

そのため、産廃業者としての必要な項目を満たしていなければ産廃の許可申請の代行を依頼しても断られてしまうことになるため注意をしなければなりません。あくまでも申請手続きそのものを代行することになるため、申請のサポートを行ってくれるわけではないので注意が必要です。産廃業者として許可申請を行い、認可を受けるためには産業廃棄物の処理を法律に基づいて適切に行うための知識を持っていることや、これを実現するための設備を保有していることが必要な条件となります。

知識に関しては基本的には暗記をしていなくてもどの手順を理解していれば問題は無いのですが、設備を有していると言う点については実際に自ら利用できるものを所有するか確保しておかなければならない点がポイントとなっています。必ずしも自ら所有している事は無いのですが、必要な時に利用できるような設備を持っていることが必要となるのです。

さらに重要なポイントとして、これらの知識と設備を利用して実際に産業廃棄物を処理した実績があることが非常に重要となります。知識や設備を持っていても、自ら処理を行ったことがなければ認可を受けることができないため、この状態で代行を依頼してもまずは実際に産業廃棄物を処理した実績を作り、これを証明するものを作成が必要となるのです。産廃の許可申請を行うためにはこれらの条件を満たすことが必要です。まずはこれらの条件を満たすことを前提に手続きを進めることが重要となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *